第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・米失業保険申請24.8万件に増加、市場予想上回る

ANYTDSCF0358_20170602040530aff.jpg

米失業保険申請24.8万件に増加、市場予想上回る,ロイター報道です

トランプ好景気、やはり砂上の楼閣、と言いますか、期待先行だけで終わってしまうのでしょうか。大規模公共投資などは、財政赤字をどのように考えるかにより、今世紀のニューディール政策となり得るものでしたし、国軍近代化の推進も重工関連の大きな雇用創出に繋がるものでした。しかし実行に移されず、右往左往と政策が二転三転しているのが実情ですね

↓以下ロイター報道
Business | 2017年 06月 2日 02:44 JST 関連トピックス: ビジネス, トップニュース
米失業保険申請24.8万件に増加、市場予想上回る
[ワシントン 1日 ロイター] - 米労働省が1日に発表した5月27日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万3000件増の24万8000件だった。市場予想の23万9000件を上回った。
新規申請件数は30万件を切ると労働市場は力強いとされる。件数は117週連続でこの水準を下回っており、その期間は労働市場が今よりずっと小さかった1970年に記録して以来の長さとなる。
カリフォルニアとハワイ、カンザス、ケンタッキー、ルイジアナ、ノースダコタ、テキサス、バージニアの8州は推計値だった。
週ごとの変動をならし情勢をより正確に反映するとされる4週移動平均は2500件増にとどまり、23万8000件だった。
JPモルガンのエコノミスト、ダニエル・シルバー氏は「今回の結果はこのところ好調だった労働市場関連の指標に水を差すものとなったものの、われわれは労働市場をめぐる状況に関するかなり好意的な見方は変えていない」と述べた。
2週間以上手当てを受けている失業保険受給者の総数は、5月20日までの週で9000件減の191万5000件だった。7週連続で200万件を下回っており、雇用市場のスラック(需給の緩み)が消えつつあることを示唆した。
企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが同じ日に発表した5月の全米雇用報告によると、民間部門雇用者数は25万3000人増と、市場予想の18万5000人増を上回った。4月は17万4000人増えていた。2日には官民両方を含む、より包括的な雇用統計が発表される。
FTNフィナンシャルの首席エコノミスト、クリス・ロー氏は全米雇用報告について「明日の雇用統計が6月の利上げを後押しする内容となることを示唆する」と述べた。
http://jp.reuters.com/article/us-jobless-claim-idJPKBN18S5PS
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |