第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・英保守党のリード半分に縮小、総選挙世論調査で

ANCIMG_9968_20170602040857d0c.jpg

英保守党のリード半分に縮小、総選挙世論調査で,ロイター報道です

間もなく迫るイギリス総選挙ですが、与党保守党の支持が伸び悩んでいるようです。EU離脱に関するブレクジット、この圧倒的支持を背景にどのように離脱するかを問う総選挙ですが、現実問題としては離脱に伴う弊害が既に物価上昇や失業率に反映されており、此処に離脱後の多国籍企業のイギリス離脱阻止への支援策など空手形を連発している、この実態が有権者に気付かれたというところでしょうか

↓以下ロイター報道
World | 2017年 06月 1日 23:34 JST 関連トピックス: トップニュース
英保守党のリード半分に縮小、総選挙世論調査で

[ロンドン 1日 ロイター] - 総選挙を8日に控える英国で、メイ首相率いる与党保守党の最大野党・労働党に対するリードが8%ポイントと、前回調査から約半分の水準に縮小したことが調査会社パネルベースの世論調査で明らかになった。

調査は5月26日─6月1日に実施。保守党の支持率は44%と前週から4%ポイント低下。一方、労働党の支持率は36%と3%ポイント上昇した。自由民主党は7%と横ばいだった。

今回の調査で保守党の労働党に対するリードは8%ポイントとなり、前回調査(調査期間5月23日まで)の15%ポイントから半減した。

http://jp.reuters.com/article/gb-pol-poll-panelbase-idJPKBN18S5HJ
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |