第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・警棒だけで襲撃犯に立ち向かう、警官に称賛の声 英テロ

BCNDSCN0144_20170606120414f54.jpg

警棒だけで襲撃犯に立ち向かう、警官に称賛の声 英テロ,CNN報道です

勇気を讃えたいですが、回転式拳銃を一丁持っていればけがする事も無かったのになあ、と思うところでもある。イギリスの警察官は意外にも拳銃を携帯していません。武装警察等銃器犯罪を専門に扱う部隊が即応体制を執っている為なのですが、伝統的に警棒だけを武器としてお巡りさんに徹している訳です。今回はテロ攻撃という緊急事態に警棒だけで立ち向かった、勇気には驚かされますが、もう一つテロ事件が三度に亘り発生する中、警棒だけ、という装備体系は今後どのように転換されるのか、IRAのテロ事件が頻発した時代でも警棒は維持されたとの反論もあるやもしれませんが、IRAはISILのような一般市民を狙う無差別はそもそも民衆の支持を背景とした闘争を掲げている以上行っていません、つまりISILはIRAよりも遥かに外道で卑怯な選択肢を使っており、そろそろ警察官への拳銃配備を考えるべきでしょう

↓以下CNN報道
警棒だけで襲撃犯に立ち向かう、警官に称賛の声 英テロ
2017.06.05 Mon posted at 17:16 JST

(CNN) 英ロンドン中心部のロンドン橋で発生したテロ事件で、刃物を持った襲撃犯に対し、警棒1本しか身に帯びていなかったにもかかわらず果敢に立ち向かった鉄道警察官に対して称賛の声があがっている。警察官は頭や顔、脚を負傷したものの、命に別条はないという。
ロンドン中心部で襲撃が起きたのは3日夜。襲撃犯3人はバンをロンドン橋の通行人に突っ込ませた後、近くの市場に向かい刃物で人々を襲った。襲撃犯3人はその後、警官に射殺されている。
英鉄道警察幹部のポール・クローサー氏は、この警察官を病院に見舞い、襲撃について直接報告を受けたという。クローサー氏は声明で、「危機に直面する中、現場に居合わせて支援に駆けつけた他の大勢とともに、彼が多大な勇気を発揮したことが明らかになった」と述べた。
クローサー氏はまた、「我々の一員となって2年に満たないが、彼の見せた勇気は傑出しており、そのことを非常に誇りに思う」と語った。
この警察官の名前は公表されていない。容体は安定しているという。

https://www.cnn.co.jp/world/35102269.html
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |