第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

米、比に武器供与=IS掃討を支援【Weblog北大路機関補足:2017-06-12日付】

ANYWG4A7692_201706140016165ba.jpg

米、比に武器供与=IS掃討を支援、AFP報道です

ミンダナオ島での騒擾に併せ、アメリカはフィリピン軍への対テロ任務用の武器援助を開始しています。これは今月5日に在比アメリカ大使館が発表したもので、過去に無償供与を計画したところ、ドゥテルテ大統領に中古品は不要であるとして拒否したものです。供与品は小銃300と拳銃200に機関銃4丁、軽装備の2個中隊を編成できる規模の装備です。

↓以下AFP報道
米、比に武器供与=IS掃討を支援
2017年06月05日 20:10 発信地:フィリピン

【6月5日 時事通信社】在フィリピン米大使館は5日、対テロ戦支援のため、フィリピン海兵隊に銃や拳銃などの武器を供与したと発表した。武器は南部ミンダナオ島マラウィ市での過激派組織「イスラム国」(IS)系グループ掃討作戦に使われる。

 供与されたのはライフル銃300丁やピストル200丁、マシンガン4丁など。米比両国は同盟関係にあるが、「嫌米」のドゥテルテ大統領は自国からの米軍撤退を求め、米国から供与された武器も「中古品だ。要らない」と文句を付けていた。(c)時事通信社

http://www.afpbb.com/articles/-/3130930?cx_part=popin
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |