第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・米イージス駆逐艦とコンテナ船衝突 乗組員7人が行方不明

ANCDSCF0341_2017061718014707b.jpg

米イージス駆逐艦とコンテナ船衝突 乗組員7人が行方不明、NHK報道です

アメリカ海軍ミサイル駆逐艦フィッツジェラルドが静岡県沖で貨物船と衝突しました。フィッツジェラルドはイージスシステムを搭載したアーレーバーク級駆逐艦で貨物船はコンテナ船、フィッツジェラルドは航行不能となり曳航され横須賀へ向かっているとの事で、甲板からは海水を排水、衝突により浸水しており行方不明者救出が日米により継続中です

↓以下NHK報道
米イージス駆逐艦とコンテナ船衝突 乗組員7人が行方不明
6月17日 12時05分
17日未明、静岡県南伊豆町の石廊崎からおよそ20キロ沖合で、アメリカ海軍のイージス駆逐艦とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突しました。駆逐艦は右の側面が大きく壊れ、乗組員7人が行方不明になっているほか、艦長ら3人がけがをし、第3管区海上保安本部は安否の確認を進めるとともに、詳しい状況を調べています。
17日午前2時半ごろ、静岡県南伊豆町の石廊崎からおよそ20キロ沖合で、フィリピン船籍のコンテナ船から「アメリカ海軍の船と衝突した」と第3管区海上保安本部に通報がありました。

海上保安本部によりますと、衝突したのは全長154メートル、8315トンのアメリカ海軍横須賀基地に配備されているイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」と、全長222.6メートル、2万9060トンのフィリピン船籍のコンテナ船「ACXCRYSTAL」だということです。

海上保安本部とアメリカ海軍によりますと、当時、イージス駆逐艦にはおよそ300人の乗組員がいて、このうち7人が行方不明になっているほか、艦長と乗組員2人の合わせて3人がけがをしたということです。

イージス駆逐艦は右の側面が大きく壊れ、浸水しているということで、アメリカ軍のタグボート2隻が先導して、横須賀基地を目指しているということです。一方、コンテナ船は船首の左側にぶつかった跡がありますが、自力で航行でき、17日夕方、東京の大井埠頭に入る予定です。

イージス駆逐艦は16日、横須賀基地を出港し、当時、通常の任務にあたっていて、コンテナ船は名古屋から東京に向かっていたということです。

海上保安本部は7人の安否の確認を進めるとともに、業務上過失往来危険の疑いで詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170617/k10011021041000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |