第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

大分県で震度5強 津波の心配はなし 【北大路機関防災情報】

FBIMG_1253_20170621001535f87.jpg

大分県で震度5強 津波の心配はなし、NHK報道です

20日午後11時27分ごろ、大分県で震度5強の揺れを観測する地震が発生、最大震度は大分県佐伯市で観測され震源地は豊後水道で震源の深さは40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.0とのこと、この規模の地震は昨年四月以来で、九州では雨量が多い状況が続いており、二次被害が懸念されます、今後の情報にご注意ください

↓以下NHK報道
大分県で震度5強 津波の心配はなし
6月21日 0時07分
20日午後11時27分ごろ、大分県で震度5強の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。
震度5強の揺れを観測したのは大分県佐伯市です。

また、震度4の揺れを熊本県高森町と大分県の津久見市、竹田市、豊後大野市、宮崎県延岡市で観測しました。

このほか、震度3の揺れを愛媛県、高知県、熊本県、大分県、宮崎県で観測したほか、震度2や1の揺れを九州と四国、それに中国地方の広い範囲で観測しました。

気象庁の観測によりますと、震源地は豊後水道で震源の深さは40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.0と推定されています。
大分県での震度5強以上は去年4月以来
気象庁によりますと、大分県で震度5強以上の揺れを観測したのは、去年4月29日に、大分県中部を震源とするマグニチュード4.5の地震で震度5強の揺れを観測して以来です。
気象庁が会見へ
大分県で震度5強の揺れを観測した地震について気象庁は、21日午前1時半から尾崎友亮地震情報企画官が記者会見を開き、防災上の注意点や今後の地震活動の見通しについて説明することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170620/k10011024421000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |