第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

ロシアがイスラム国指導者殺害か【Weblog北大路機関補足:2017-06-20日付】

DHIMG_1536_20170621100255b5c.jpg

ロシアがイスラム国指導者殺害か、ロイター報道です

ISILの首魁バグダディ容疑者、ロシアの空爆により死亡した可能性が出てきました。現在ロシアとアメリカなどの情報機関が確認中ですが、ISILが首都と位置づけ占領を続けるシリアのラッカ北部へロシア軍が実施した空爆、先月28日にISILの幹部会合を狙って実施された航空攻撃により無力化できた可能性があるとの事です。ただ、確認段階である、とのこと

↓以下ロイター報道
Domestic | 2017年 06月 16日 21:53 JST
ロシアがイスラム国指導者殺害か

 【モスクワ共同】ロシア国防省は16日、ロシア軍によるシリア北部ラッカ南郊への空爆により、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のアブバクル・バグダディ容疑者が死亡したとの情報を得て、複数のルートで確認中だと発表した。空爆は5月28日未明、IS幹部らが会合していた拠点に対して実施された。

 米軍主導の有志国連合は「確認できていない」としており、米メディアによると米国防総省や米軍高官も懐疑的な姿勢。過去2週間、死亡を示す機密情報は得られていないという。ロシアのラブロフ外相は「100パーセント確認できる情報はない」と述べた。

 ISはラッカを「首都」と称している。

http://jp.reuters.com/article/idJP2017061601001655
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |