第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・ピアノ教室など JASRACを集団提訴

DKHNIMG_1629_201706211041193d1.jpg

ピアノ教室など JASRACを集団提訴、NHK報道です

音楽教室で練習に演奏している演奏も一種のコンサートなので著作権料を支払え、著作権の暴走、という印象でしょうか、作曲者が演奏する際にも“作曲者に支払われる”著作権料をJASRACに納入し、その手数料と団体運営費用を間引いていますが、今回はさらに進んで、音楽家を養成する費用を著作権料として上乗せし、音楽を普及させにくい構図を形成しているとの批判から訴訟に至りました、練習を頑張れば頑張るほどJASRACへ上納金を上乗せしなければならない、このままでは部活の練習などもお金次第、ということになりかねません

↓以下NHK報道
ピアノ教室など JASRACを集団提訴
6月20日 22時08分
JASRAC=日本音楽著作権協会がピアノなどの楽器の教室から著作権の使用料を徴収する方針を示していることに対し、教室を運営している全国の249の会社などが、教育目的の演奏は対象外だとして、使用料を請求する権利がないことを確認する訴えを起こしました。
楽曲の著作権を管理しているJASRACは、著作権の使用料を徴収する対象をカラオケ教室やカルチャーセンターなどの音楽教室に広げていて、来年1月以降は、ピアノなどの楽器の教室も対象とする方針を示しています。

これに対し、教室を運営している全国の249の会社などはJASRACに対して、使用料を請求する権利がないことを確認する訴えを東京地方裁判所に起こしました。

訴えによりますと、教育のための演奏は使用料が必要となる「公衆に聞かせることを目的とした演奏」ではなく、昭和46年に著作権法が施行されて以来、音楽教室は対象外として運用されてきたとしています。

また、作曲家や演奏家を育成するには楽曲の演奏が必要で、使用料の徴収は音楽文化の発展を妨げることになると主張しています。一方、JASRACは「訴状が届いていないためコメントできる状況にありません」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170620/k10011024281000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_017
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |