第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

長野県で震度5強 津波の心配なし6月25日 7時06分【北大路機関防災情報】

IMG_1905_20170625072916407.jpg

長野県で震度5強 津波の心配なし6月25日 7時06分、NHK報道です

長野県で先ほど、大きな地震が発生しました、被害の情報はありません、気象庁によれば地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定されているとのこと

↓以下NHK報道
長野県で震度5強 津波の心配なし
6月25日 7時06分
25日午前7時2分ごろ、長野県南部を震源とする地震があり、長野県の王滝村と木曽町で震度5強の強い揺れを観測しました。この地震による津波の心配はありません。
各地の震度は、震度5強を観測したのは、長野県の王滝村と木曽町でした。また震度4が長野県の上松町と大桑村、石川県輪島市、岐阜県の高山市、中津川市、それに下呂市でした。

このほか震度3から1の揺れを関東甲信越と北陸、東海、近畿、中国地方、それに四国の各地で観測しました。
気象庁の観測によりますと、震源地は長野県南部で震源の深さはごく浅く、地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定されています。
長野県の王滝村と木曽町で震度5強の強い揺れを観測した地震について気象庁は午前9時から記者会見を開き、今回の地震のメカニズムや今後の注意点などについて説明することにしています。
長野県南部で震度5強の強い揺れを観測する地震が起きたことを受け、政府は、午前7時5分に、総理大臣官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置して情報収集にあたっています。
震度5強観測した木曽町
震度5強を観測した長野県木曽町と王滝村を管轄する木曽広域消防本部によりますと、これまでのところ被害の通報は寄せられていないということです。木曽町にある消防本部の建物では5秒程度の強い揺れを感じたということで、現在、情報収集を進めています。

震度5強の揺れを観測した木曽町の役場の職員によりますと「強い揺れが数秒続いた。棚からものが落ちたりはしていない。建物の中にも被害はない」と話していました。
これまでのところ町の中での被害の情報も入っていないということで、情報収集を進めているということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170625/k10011029511000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |