第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・砂漠のアフガンに森林迷彩服、米国防総省が31億円浪費 監査報告

ANYWG4A7584_20170625084120f69.jpg

砂漠のアフガンに森林迷彩服、米国防総省が31億円浪費 監査報告,AFP報道です

アフガン軍、評価試験も何もせずに買ったのか、阿呆すぎる。買ってしまったものは仕方がない、自衛隊がイラク派遣を行った際には、他の部隊との差別化を図り、日本の部隊であることを強調するために本土と同じ迷彩服を着用していました。航空自衛隊などは湾岸危機の時点で既に派遣準備として砂漠用迷彩服を採用していましたので、無かったのでは無く敢えて選んだだけ。アフガニスタンの場合は、敢えて特殊部隊などエリート部隊に着用させることで示威効果を目指す、若しくは都市部の警察官機動隊員などに着用させるという選択肢があるでしょう

↓以下AFP報道
砂漠のアフガンに森林迷彩服、米国防総省が31億円浪費 監査報告
2017年06月22日 16:29 発信地:ワシントンD.C./米国

【6月22日 AFP】米国防総省がアフガニスタン軍向けに森林迷彩柄の軍服を購入したのは、無計画で、最大2800万ドル(約31億円)にも上る浪費だったと指摘する報告書を21日、米政府のアフガニスタン復興担当特別監察官 (SIGAR)が発表した。森林迷彩柄は、緑の少ないアフガニスタンではかえって敵に見つかりやすくなる恐れがあると批判している。

 SIGARによると国防総省は、2007年に濃緑色の迷彩服の購入を決めた際、2800万ドルを不要に支出した可能性があるという。

 報告書では、国防総省の当局者らが独自の迷彩柄を展開している民間企業のウェブサイトを「偶然見つけ」、アフガニスタンのアブドゥル・ラヒム・ワルダク(Abdul Rahim Wardak)国防相(当時)にデザインを見せたとされる。ワルダク氏は「一目見て気に入り、特に森林迷彩柄、都市迷彩柄、温帯用迷彩柄に興味を示した」という。

 アフガニスタンの森林面積は国土のわずか2.1%にすぎない。しかし、米国防総省はアフガン国防省と協議した結果、森林迷彩柄をアフガン軍の軍服に採用すると決定。2008年11月~2017年1月に軍服136万4602着、予備のズボン8万8010着を購入した。

 SIGARは、国防総省の当局者らが規則で求められた試験や評価を行わずに発注した点を厳しく批判している。

 報告書をまとめたジョン・ソプコ(John Sopko)特別監察官は、米紙USAトゥデー(USA Today)に対し「ばかげている」とコメント。「もしアフガニスタンの国防相が紫やピンクが好きだったら、どうするのか。おかしいとも思わずにピンクの迷彩服を買うのか?」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3132975?cx_tag=pc_sns&cx_position=3#cxrecs_s
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |