第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・米、ポーランドへのパトリオットミサイル売却で合意

ANYWG4A7663_20170707011325990.jpg

米、ポーランドへのパトリオットミサイル売却で合意,ロイター報道です

ロシアからの軍事脅威を正面から受け、レオパルド2戦車大量導入やT-72戦車を置き換えるCV-90装甲戦闘車派生型軽戦車の大量取得に、機械化歩兵増強とアメリカ製F-16戦闘機の戦力化など、NATO正面として血のにじむ努力を行うポーランドが新たにアメリカからペトリオットミサイルシステム8基を76億ドルで購入することで合意に達する見込み、とのこと

しかし、懸念すべきはポーランドの財政状況です。東欧の工業国という冷戦時代の位置づけはありましたが、ポーランド経済も決して安泰ではありません。実際、フランスから導入するEC-725輸送ヘリコプターの飛行隊規模での調達契約を白紙撤回し、製造元のユーロコプターと係争状態となっていまして、ミサイルシステム近代化は重要ですが76億ドルの支出は安くはありません

↓以下ロイター報道
World | 2017年 07月 6日 17:40 JST 関連トピックス: トップニュース
米、ポーランドへのパトリオットミサイル売却で合意

[ワルシャワ 6日 ロイター] - 米政府はポーランドに地対空誘導弾パトリオットミサイルを売却することで合意し、覚書に署名した。マチェレウィチ国防相が明らかにした。

トランプ米大統領は5日、欧州歴訪の最初の訪問国となるポーランドのワルシャワに到着。ホワイトハウスによると、トランプ氏は演説やロシアに近接する東欧諸国との会議で北大西洋条約機構(NATO)へのコミットメントを表明する。

ポーランドは3月、今年末までに米防衛機器メーカーのレイセオン(RTN.N)からパトリオットミサイルシステム8基を76億ドルで購入することで合意に達する見込みだと明らかにしていた。

http://jp.reuters.com/article/poland-defence-raytheon-patriots-idJPKBN19R0U7
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |