第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・ビットコイン 処理システム変更めぐり分裂の可能性も

ANCIMG_9938_20170719130447a69.jpg

ビットコイン 処理システム変更めぐり分裂の可能性も,NHK報道です

データだけ、というものは掴みどころがないですね。ビットコインは暗号化するプロセスを価値の一部としており、これにより中央銀行のような管理主体も国家による地位確立も省いて通貨として存在しています。このためビットコインは長大な暗号方式を選択して管理する電子多数決方式が用いられているとの事ですが、利用者と利用規模が増大したならば必然的に延々と長大化してゆきます。コンピュータの計算技術は此れを補うほどに高度化し続けていますが、二重支払、保有者が利用を書き換える前に複数へ支払うなどの欠陥を是正する必要があり、処理システムが必要となります。これが分裂を始めてしまいますと、際限ない分裂を生みますので、価値そのものが消えかねません、仮に利用している方は注意が必要でしょう

↓以下NHK報道
ビットコイン 処理システム変更めぐり分裂の可能性も
7月18日 4時40分
インターネット上の仮想通貨、ビットコインが、取り引きを処理するシステムの変更をめぐって来月以降分裂する可能性が出ていて、取り引きを仲介する取引所は混乱を避けるためビットコインのやり取りを一時的に停止することも検討するなど対策を急いでいます。
仮想通貨の代表格であるビットコインは、送金にかかる時間の早さや手数料の安さのほか、値上がりへの期待から利用者が急激に増えてきました。

しかし、それに伴って取り引きに時間がかかるようになったり、手数料が上がったりする問題が起きていて、ビットコインを手がける事業者などの間では取り引きの処理能力を高める新たなシステムに変更しようという動きが出ています。

ただ、変更のしかたによっては来月以降、今のシステムで取り引きされるビットコインとは別に、新たなシステムで取り引きされる異なるビットコインとに分裂し、混乱が生じるおそれが出ています。

このため取り引きを仲介する取引所は対策を急いでいて、このうちビットバンクは、事態が収束しなければ来月以降、ビットコインの送金などのやり取りを一時的に停止することも検討しています。廣末紀之社長は「顧客の資産保護が大切であり、利用者に注意喚起していきたい」と話しています。

国や中央銀行といった管理主体のない仮想通貨ならではの課題が浮き彫りになったもので、混乱を避けられるのか事態の行方が注視されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170718/k10011062541000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |