第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・オバマケア代替法案頓挫、保険業界は補助金の継続訴え

ANYUDSCF0362_20170719131707d3c.jpg

オバマケア代替法案頓挫、保険業界は補助金の継続訴え,ロイター報道です

医療保険制度改革オバマケア、公的医療保険制度が皆無であったアメリカに初めて医療での社会保障を提供しようとしたもので、保険なしに虫歯の治療を行えば治療費で一万ドル単位の請求が寄せられ、盲腸手術は10万ドル単位の要求が寄せられる。日本からの厚労省未認可治療に関するアメリカでの臓器移植手術には数百万ドルが要求される国です。ここに一石を投じた医療保険制度改革オバマケア、この廃止に着手するトランプ大統領の困難な施策は、支出抑制という一点と、オバマ大統領政策の全てに反対するとの姿勢から袋小路に追い詰められているようです

↓以下ロイター報道
Business | 2017年 07月 19日 11:01 JST 関連トピックス: ビジネス, トップニュース
オバマケア代替法案頓挫、保険業界は補助金の継続訴え

[ニューヨーク/ワシントン 18日 ロイター] - 米上院共和党による医療保険制度改革(オバマケア)改廃への取り組みは18日、前日夜に新たに党内から2人の造反が出たことで頓挫した。保険業界では、低所得者向けの補助金制度の先行きに対する懸念が高まっている。

トランプ大統領はこれまでに、低所得の加入者に医療費補助を提供するコスト・シェアリング・リダクション(CSR)と呼ばれるオバマケア補助金を撤廃する考えを示している。

8月にも補助金制度が廃止される可能性があり、そうなれば、保険各社は2018年の保険料を最大20%超引き上げることを余儀なくされる可能性がある。また、補助金廃止で、多くの保険会社が2018年の保険プランの提供を止めることになるとの懸念も出ている。

米保険業界団体、ブルー・クロス・ブルー・シールド・アソシエーションのシニア・バイス・プレジデント、ジャスティン・ハンデルマン氏は、保険業界はこれまでにも、CSRプログラムのための一定の予算をすぐに確保すべきだと訴えてきたと説明した。

オバマケアで100万人以上の保険プログラムを提供するモリーナ・ヘルスケア(MOH.N)は、CSR補助金が今後どうなるかが最大の懸念事項だとしている。

18日の米株式市場では、保険株が軒並み下落。一方、オバマケアでの個人保険市場から撤退しているユナイテッドヘルス・グループ(UNH.N)の株価は上昇した。

http://jp.reuters.com/article/usa-healthcare-insurers-idJPKBN1A404U
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |