第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・ハワイ州、北朝鮮核攻撃に備えた警報制度を試験へ 全米初

ANYUDSCF0394_2017072719444240d.jpg

ハワイ州、北朝鮮核攻撃に備えた警報制度を試験へ 全米初、CNN報道です

アメリカの一部が北朝鮮弾道ミサイルの射程内に含まれたとしてハワイ州とアラスカ州が射程内に収められたという中、ハワイ州は真珠湾攻撃という歴史的経緯がある点と、太平洋に浮かぶ島嶼部州であるとともに、太平洋方面でのアメリカの戦略拠点である真珠湾基地と関連する航空部隊やヒッカム基地の存在、陸軍師団の駐屯する島嶼部という点があり、こうした問題には敏感とならざるを得ないのでしょう

↓以下CNN報道
ハワイ州、北朝鮮核攻撃に備えた警報制度を試験へ 全米初
2017.07.23 Sun posted at 15:32 JST

(CNN) 米ハワイ州政府は23日までに、北朝鮮からの核ミサイル攻撃に備えた警報発令システムの試験を今年11月から開始すると発表した。米国の州でこの種の行政対策に踏み切るのは初めて。
地元のCNN系列局KNHLによると、今年11月から災害警報計画の中に核攻撃を想定した住民らへの対応策を新たに盛り込む。州政府の緊急事態管理局がまとめた指針によると、住民らには核爆発を警報のサイレンや白色のライト点滅で通報。緊急警報システムはテレビ局やラジオ局を通じて流される。
実際に核攻撃が発生した場合、住民らは建物の中に入り、2週間とどまるか安全と通知されるまで外に出ないことなどが指示されている。また、公式情報の入手手段として地元のAM−FMラジオ局の聴取を促した。
ハワイ州と北朝鮮の間の距離は4661マイル(約7501キロ)で、米国領土としては米領グアム島とアラスカ州に次いで北朝鮮に最も近い。ハワイ州は米軍の重要拠点であり、アジア太平洋地域を管轄にする米太平洋軍司令部がオアフ島にある。
北朝鮮による核兵器攻撃をにらんだ今回の警報発令システムの整備計画を受け、ハワイ州の主要産業である観光への悪影響を懸念する見方もある。また、観光業界にとってかき入れ時であるこの時期に計画が発表されたことをいぶかる指摘もある。
緊急事態管理局の幹部はKNHLにパニックになる必要はないと指摘。「津波やハリケーンと同様の危険事態への対応」とし、「差し迫ったものではない」と付け加えた。

https://www.cnn.co.jp/usa/35104630.html
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |