第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

<稲田防衛相辞任へ>職責果たせず 地元・福井でも厳しい声【Weblog北大路機関補足:2017-07-27日付】

XFIMG_9019_1.jpg

<稲田防衛相辞任へ>職責果たせず 地元・福井でも厳しい声,毎日新聞報道です

戦力不保持という憲法の下で余りに制約された自衛隊の行動の中で、戦闘と衝突と云い敢えて自衛隊を海外派遣するという、問題の本質は遡れば自衛隊創設と同時に行うべき自衛隊の憲法上の位置づけと、わが国平和政策をどのように現実政治に収斂させるのかという問題を棚上げし続け、事実上改憲という論点に忌避し続けた部分まで、問題は遡れます

↓以下毎日新聞報道
<稲田防衛相辞任へ>職責果たせず 地元・福井でも厳しい声
7/27(木) 21:42配信 毎日新聞
<稲田防衛相辞任へ>職責果たせず 地元・福井でも厳しい声
車に乗り込み、防衛省を後にする稲田朋美防衛相=東京都新宿区で2017年7月27日午後8時9分、小川昌宏撮影
 稲田朋美防衛相は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題の責任を取って辞任する意向を固めた。

 稲田防衛相の地元・福井県でも厳しい声が相次いだ。

 自民党福井県連会長代理の山岸猛夫県議は「(防衛省の)事務方トップや陸上幕僚長の辞任だけでは国民は納得してくれないと考えたのだろう。職責を果たしてほしかっただけに残念だ」と話した。

 稲田氏のトレードマークである眼鏡の枠の一大生産地・鯖江市で眼鏡製造会社を営む女性(50)は「福井の眼鏡をPRしていただいたことは感謝するが、都議選での応援演説などを聞くと、閣僚としてもう少し言葉を選んで発言してほしかった」。福井市の会社員、後藤良雄さん(45)は「期待していたが、蓋を開けてみれば安倍さんの操り人形だった。『防衛省、自衛隊としてもお願いをしたい』の発言で、もう駄目だと思った」と突き放した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000111-mai-pol
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |