第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮ミサイル、米本土の大半が射程に 潜水艦活動の情報も【Weblog北大路機関補足:2017-07-31日付】

rIMG_4461_1.jpg

北朝鮮ミサイル、米本土の大半が射程に 潜水艦活動の情報も、ロイター報道です

北朝鮮はミサイル運用能力を持つ新型潜水艦の建造を進めています。進むミサイル開発と核開発、対抗策は核関連施設及びミサイル関連施設への軍事攻撃か、北朝鮮指導部への限定攻撃か、北朝鮮港湾などへの海上封鎖か、北朝鮮への経済制裁強化へ経済関係を維持する中国ロシアへの制裁まで拡大しての経済封鎖か。中国による北朝鮮への経済制裁が不充分である為にミサイル開発を阻止できない、という立場を執るアメリカのトランプ大統領は北朝鮮への経済制裁の延長として、中国企業への経済制裁を開始し広範に資金凍結等の指定を行う構えであり、このアメリカによる次の段階の経済制裁は、米中対立へと発展しつつある

↓以下ロイター報道
World | 2017年 08月 1日 14:17 JST 関連トピックス: トップニュース
北朝鮮ミサイル、米本土の大半が射程に 潜水艦活動の情報も
[ワシントン 31日 ロイター] - 米政府当局筋によると、北朝鮮が28日夜に行った大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を分析した結果、北朝鮮のミサイルが米国本土の大半に到達可能であることが分かった。
米政府当局者2人が31日、匿名を条件にロイターに語った。
今回発射されたICBMの飛行時間は約45分で、4日の発射実験よりも射程が伸びたことが示されたという。
また、当局者の1人は、今回のミサイルの高度、射程、威力は前回を上回ったと指摘した。
北朝鮮は29日、ICBMの発射実験に成功したと発表し、米本土全域が射程圏内に入ったと主張した。一方、別の米情報当局者2人は31日、北朝鮮の最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長が核兵器の搭載可能なICBMを開発する狙いは、北朝鮮が他国からの攻撃を阻み、国際社会に認められることにあると指摘。米国やその同盟国への攻撃が自滅につながることを金委員長は知っており、そのような攻撃はICBM開発の目的ではないとの見方を示した。
米国防総省の報道官は会見で、北朝鮮が今回発射したミサイルの射程がICBMに分類される5500キロメートル以上だった可能性を認めた。ただ、ミサイル発射に関する米政府の分析についてはコメントを拒否した。
CNNは米国防当局者の話として、北朝鮮による「極めて異例で前例のないレベル」での潜水艦活動がみられると報じた。また30日には同月で3回目となる「射出実験」が新浦海軍造船所において地上で実施されたとした。
潜水艦活動に関する詳細な情報は明らかにしなかった。
潜水艦からの射出実験は通常、発射機から打ち上げられる際に高圧蒸気をミサイルの推進力とする「コールドローンチ方式」を測定するために行われる。
北朝鮮の東海岸に位置する新浦海軍造船所では以前、潜水艦からの弾道ミサイル発射実験を実施していた。
韓国国防省の関係者はロイターに対し、北朝鮮の状況を注視しているとしたが、機密事項のため詳細は明かさなかった。
http://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-usa-assessment-idJPKBN1AG2M1?pageNumber=2
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |