第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

仏旅客機 北朝鮮ICBM落下数分前に付近を通過【Weblog北大路機関補足:2017-07-31日付】

gIMG_8539.jpg

仏旅客機 北朝鮮ICBM落下数分前に付近を通過,NHK報道です

エールフランス293便危機一髪、北朝鮮による日本海への弾道ミサイル実験ですが、奥尻島沖150kmに着弾した弾道ミサイル、その僅か10分前にエールフランスの東京発パリ行の国際線旅客機が通過していたことが判明しました。弾道ミサイルは旅客機を狙うものではない為、命中する確率は非常に低いものではありますが、過去には北朝鮮が弾道ミサイル実験を予告した際には旅客機が着弾予定海域を外れた経路を飛行することもありました

↓以下NHK報道
仏旅客機 北朝鮮ICBM落下数分前に付近を通過
8月2日 13時40分
北朝鮮の2回目となるICBMと見られる弾道ミサイルの発射について、アメリカ政府の当局者は1日、ミサイルの落下の数分前に民間の旅客機が付近の上空を通過していたことを明らかにしました。
それによりますと、この旅客機は東京発パリ行きのエールフランス293便で、当時、北海道の西の日本海の上空を飛行していたということです。

また、旅客機が発信する情報をもとに飛行コースをインターネットで公開している「フライトレーダー24」によりますと、エールフランス便はミサイルが日本海に落下したと見られる時間の前後、高度3万フィート、およそ9100メートルとほぼ一定の高度を保ちながら、北海道の西の沖合をまっすぐ北に向かって飛行していました。

これに関連して、国防総省のデービス報道部長は先月31日、「なんら告知もなくこのようなミサイルを発射することにより、航空機、船舶、そして宇宙船が危険にさらされている」と述べ、民間の航空機や船舶への危険性を指摘していました。

これについて、エールフランスはコメントを発表し「北朝鮮のミサイル実験の空域はエールフランス機の飛行ルートを妨げていない。先月28日の東京発パリ行きの293便は飛行計画にしたがって運航され、問題も報告されていない」と述べています。そのうえで「当局と協力して飛行区域の危険性を分析し、適切に飛行計画に反映させている」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170802/k10011084521000.html?utm_int=word_contents_list-items_002&word_result=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%20%E5%BC%BE%E9%81%93%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |