第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・宅配最大手のヤマト 未払い残業代で79億円の赤字

ANCIMG_9968_20170804120137a4f.jpg

宅配最大手のヤマト 未払い残業代で79億円の赤字,NHK報道です

ヤマトホールディングスは無理な値引きを現場のサービス残業に押し付ける事で利益を偽装しようとしていたが、是正された、というところでしょうか。インターネット通販の拡大により、物流需要が増大している訳ですが、在宅時間帯に時間帯指定をしても物流需要が飽和状態で不可能となっている実情があるようで、利用料金値上げによる業界全体の労働力増強を真剣に考えるべきでしょう

↓以下NHK報道
宅配最大手のヤマト 未払い残業代で79億円の赤字
7月31日 20時54分
宅配最大手のヤマトホールディングスは、ことし4月から6月までの決算を発表し、ドライバーに未払いの残業代などを支給する追加の費用がかさんだことなどから、期間中の最終的な損益が79億円の赤字となりました。
ヤマトホールディグスが発表したことし4月から6月までのグループの決算によりますと、売り上げにあたる営業収益は、ネット通販などの荷物が増え3554億円と前の年度の同じ時期を4%上回りました。
一方で期間中の最終的な損益は、前の年度の黒字から一転して79億円の赤字となりました。
これはドライバーなどの従業員に未払いの残業代などを追加で支給する必要が出たほか、荷物の配達を別の業者に委託する費用がかさんだためです。
また、これに伴い、来年3月期の年度を通じた業績の見通しも最終的な利益を170億円から120億円に下方修正しました。
ヤマトホールディングスは、ネット通販会社など大口の取引先と料金の値上げや荷物の削減を交渉し、今年度、およそ8000万個の荷物を削減する計画でした。しかし、これまでの交渉の結果、削減できるのは半分の4000万個程度にとどまる見通しです。
芝崎健一専務は「値上げの交渉で、配達をほかの業者に変える取引先が増えると想定していたが、値上げを受け入れて配達を続けることになったところもある。削減できない分は業務の効率化で対応したい」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170731/k10011082391000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |