第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

台風5号 台風5号 まもなく近畿に上陸見込み 土砂災害や暴風などに警戒【北大路機関防災情報】



台風5号 まもなく近畿に上陸見込み 土砂災害や暴風などに警戒8月7日 14時02分

台風5号 警戒が必要な時間帯8月7日 12時00分

↓以下NHK報道




台風5号 まもなく近畿に上陸見込み 土砂災害や暴風などに警戒
8月7日 14時02分
台風5号は、この時間、近畿にかなり接近していてまもなく上陸する見込みです。近畿や四国、東海を中心に局地的に猛烈な雨が降って大雨となるおそれがあり、土砂災害や川の急な増水、暴風などに警戒し、避難などの対策を早めに進めてください。
気象庁の発表によりますと、台風5号は、午後3時には和歌山市の南西40キロの海上を1時間に20キロの速さで北東へ進んでいると見られます。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。この時間、高知県と徳島県、香川県、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、三重県が暴風域に入っています。台風は近畿にかなり接近していて、まもなく上陸する見込みです。

これから特に警戒が必要なのが大雨による土砂災害や川の急な増水、低い土地の浸水です。近畿や四国、東海、それに関東などには台風の発達した雨雲が次々と流れ込み、雨が強まっています。最新の雨の状況です。午後2時までの1時間には、三重県が大台町に設置した雨量計で64ミリ、愛媛県が四国中央市に設置した雨量計で51ミリ、静岡市井川で50ミリの非常に激しい雨を観測しました。また、国土交通省が神奈川県山北町に設置した雨量計で46ミリ、和歌山県田辺市龍神と香川県竜王山で32.5ミリの激しい雨を観測しました。

台風5号 警戒が必要な時間帯
8月7日 12時00分
気象庁によりますと台風5号による大雨や暴風、高波に警戒が必要な時間帯の目安は次のとおりです。
四国では、これから7日夜にかけて大雨や洪水それに高波に、夕方にかけて暴風に、それぞれ警戒が必要です。

中国地方では、これから8日の未明にかけて大雨や洪水に、7日夜にかけて暴風に警戒が必要です。

近畿では、これから8日の昼にかけて大雨や洪水に、7日夜遅くにかけて暴風や高波に警戒が必要です。

東海では、これから8日の朝にかけて大雨や洪水それに高波に警戒が必要なほか、7日夜遅くにかけて暴風に警戒が必要です。

関東甲信では、7日夜からあすの夕方にかけて大雨や洪水に警戒が必要なほか、8日の夜遅くにかけて高波に警戒が必要です。

北陸では、7日夜から8日の夜遅くにかけて大雨や洪水に警戒が必要です。

東北では、8日の明け方から9日にかけて大雨や洪水に警戒が必要です。
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |