第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

台風5号 富山市付近の海上 滋賀で川が氾濫 東日本で非常に激しい雨のおそれ【北大路機関防災情報】

sIMG_1057.jpg

台風5号 滋賀で川が氾濫 東日本で非常に激しい雨のおそれ8月8日 7時10分

滋賀 長浜 姉川の水位下がり氾濫収まる8月8日 5時24分

台風5号 「氾濫危険水位」超えている川(午前7時半)8月8日 7時46分

↓以下NHK報道
台風5号 滋賀で川が氾濫 東日本で非常に激しい雨のおそれ
8月8日 7時10分
台風5号は富山市付近の海上を北よりに進んでいると見られ、滋賀県では降り始めからの雨量が300ミリを超える大雨になって川が氾濫し、住宅が浸水する被害が起きています。9日にかけて、東日本を中心に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒し、山沿いや川沿いに住む人などは、安全な場所で避難を続けてください。

気象庁の発表によりますと、台風5号は7日、和歌山県北部に上陸したあと、近畿から北陸を縦断し、8日午前7時には富山市の北北東80キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいると見られます。
中心の気圧は986ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心から南東側330キロ、北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風5号で特に厳重な警戒が必要なのが大雨による土砂災害や川の氾濫、それに低い土地の浸水です。この時間、北陸や東海、関東甲信越、それに東北南部の広い範囲に発達した雨雲が流れ込んでいます。

最新の雨の状況です。8日午前6時までの1時間には、福井県が福井市に設置した雨量計で35ミリ、福島県が飯舘村に設置した雨量計と、石川県が白山市に設置した雨量計でいずれも32ミリの激しい雨を観測しました。滋賀県米原市では7日の降り始めからの雨量が300ミリを超え、滋賀県長浜市などを流れる姉川が氾濫して、住宅が浸水する被害が起きています。

このほか、午前6時半の時点で、福井県を流れる笙の川と滋賀県を流れる高時川で「氾濫危険水位」を超え、氾濫の危険性が非常に高くなっています。

さらに、これまでに降った雨で土砂災害の危険性が非常に高まり、自治体が避難勧告を出す目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。発表されているのは群馬県が嬬恋村など、埼玉県が秩父市、山梨県が大月市と都留市など、長野県が飯田市、福井県が敦賀市など、石川県が小松市など、岐阜県の大垣市、滋賀県が米原市や長浜市など、鳥取県が鳥取市などです。

このあとも各地で断続的に雷や突風を伴い、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。非常に激しい雨のおそれがある時間帯は、近畿と東海がこのあと数時間、関東甲信が8日夕方にかけて、北陸と東北南部では8日夜にかけて、新潟県が9日朝にかけてとなっています。

9日朝までに降る雨の量は、いずれも多いところで、北陸と新潟県で250ミリ、関東で200ミリ、東北で180ミリ、甲信で150ミリ、岐阜県で120ミリ、近畿で100ミリと予想されています。
さらに、10日朝にかけて、新潟県で100ミリから200ミリ、東北で100ミリから150ミリの雨が降ると予想されています。

すでに大雨となっている地域や今後、大雨が予想される地域では、お年寄りや山沿いや川沿いに住む人などは早く安全な場所に移動し、そこで避難を続けてください。周囲がすでに浸水するなど無理に動くと危険な場合は、建物の2階以上で崖から離れた部屋に移動するなどして、安全を確保してください。

また、大雨のたびに田んぼや用水路に流され、亡くなる人が後を絶ちません。様子を見に行かず、絶対に近づかないようにしてください。

一方、台風の接近に伴い風も強まっていて、午前4時半ごろには福井県敦賀市で28メートルの最大瞬間風速を観測しました。

近畿や東日本の海上を中心に9日にかけて非常に強い風が吹く見込みで、最大風速は近畿と北陸で20メートル、東海と伊豆諸島で18メートルと予想され、最大瞬間風速はいずれも30メートルに達する見込みです。

海上では大しけが続く見込みで、波の高さは東海と伊豆諸島で6メートルと予想されています。

気象庁は暴風や高波、高潮にも警戒するよう呼びかけています。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意が必要です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170808/k10011092141000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
滋賀 長浜 姉川の水位下がり氾濫収まる
8月8日 5時24分
8日未明、滋賀県長浜市を流れる姉川が氾濫し、流域の住宅が水につかる被害が出ました。その後、川の水位が下がって氾濫は収まり、警察によりますと、これまでのところけが人の情報は入っていないということです。
滋賀県長浜市によりますと、8日午前1時ごろ、台風5号の影響で市内を流れる姉川が、大井町にある大井橋の付近で氾濫しているのが確認されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170808/k10011092391000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
台風5号 「氾濫危険水位」超えている川(午前7時半)
8月8日 7時46分
国土交通省によりますと、台風5号の影響で滋賀県を流れる姉川が水位が上昇して氾濫したほか、午前7時半の時点で、福井県を流れる笙の川と滋賀県を流れる高時川で「氾濫危険水位」を超え、氾濫の危険性が非常に高くなっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170808/k10011092251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |