第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮、米国人観光客の歓迎表明「常に扉を開いている」

ANYWG4A7663_201708102150307d8.jpg

北朝鮮、米国人観光客の歓迎表明「常に扉を開いている」,AFP報道です

完全に人質が欲しいだけではないですか、北朝鮮の政治プロパガンダポスターをはがしただけのアメリカ人学生が長期抑留され、結果的に獄死に追い込まれた責任を北朝鮮は採っていません、アメリカでは政治プロパガンダポスターをはがす事は罪ではありません、このような双方可罰性の担保されない地域への渡航を実質的に禁止した理由というものを北朝鮮は考えるべきです

↓以下AFP報道
北朝鮮、米国人観光客の歓迎表明「常に扉を開いている」
2017年08月04日 17:45 発信地:ソウル/韓国

【8月4日 AFP】米政府が自国民の北朝鮮への渡航を禁止することについて、北朝鮮政府は4日、それでも米国人観光客を歓迎するとの姿勢を示した。

 北朝鮮に拘束された米国人学生が昏睡状態で釈放され、帰国後に死亡したことを受け、米政府は来月1日から渡航禁止措置を実施する。米当局者らは、観光旅行中に北朝鮮当局に拘束される「深刻なリスク」によって、米国民に「身の安全に差し迫った危険」がもたらされると述べていた。

 しかし北朝鮮外務省の報道官は国営の朝鮮中央通信(KCNA)を通じて発表した声明で「善意でわれわれの国を訪問したいと考える米国民に対し、われわれは常に扉を開いている」と述べ、米国人を今も歓迎する姿勢を示した。

 報道官は「最も安定した強固な国家システムを有しているDPRK(北朝鮮)では、外国人が自らの安全について脅威を感じる理由はない」と強調している。

 ただ北朝鮮に対する罪を犯した少数の米国人が「DPRKの法律に従って正当な処罰を受けた」とも述べている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3138172
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |