第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮「弾道ミサイル作戦を慎重に検討」米を強く威嚇【Weblog北大路機関補足:2017-08-10日付】

ANCWG4A8473_20170811233053361.jpg

北朝鮮「弾道ミサイル作戦を慎重に検討」米を強く威嚇、NHK報道です

北朝鮮人民軍は、弾道ミサイルによるグアム島周辺への包囲射撃を断行するための作戦を慎重に検討している、と国営メディアを通じて声明を発表しました。グアム近海へ撃ち込むと発表したのは、先日発射実験を行った中距離弾道ミサイル火星12型、北朝鮮の弾道ミサイル部隊である戦略軍報道官がこのミサイル発射計画を示し、実施される可能性は高い

↓以下NHK報道


北朝鮮「弾道ミサイル作戦を慎重に検討」米を強く威嚇
8月9日 16時42分
北朝鮮の朝鮮人民軍は国営メディアを通じて声明を発表し、「弾道ミサイルによるグアム島周辺への包囲射撃を断行するための作戦を慎重に検討している」として、軍事的な挑発行為を示唆してアメリカを強く威嚇しました。
北朝鮮で弾道ミサイルの運用を担う「戦略軍」の報道官は9日朝、国営の朝鮮中央通信を通じて声明を発表しました。この中で、アメリカ軍が先月、グアムの基地からB1爆撃機を朝鮮半島周辺に派遣したことや、今月、アメリカ空軍がICBM=大陸間弾道ミサイルの「ミニットマン3」の発射実験を実施したことなどについて「地域の情勢を極度に激化させている」として非難しました。
そのうえで、「アメリカに厳重な警告信号を送るために中距離弾道ミサイル『火星12型』でグアム島周辺への包囲射撃を断行するための作戦を慎重に検討している」として、軍事的な挑発行為を示唆してアメリカを強く威嚇しました。
また、「作戦はまもなく最高司令部に報告され、総司令官であるキム・ジョンウン(金正恩)同志が決断を下せば、任意の時刻に同時多発的、連発的に実行する」としています。
今月21日からは、アメリカ軍と韓国軍による定例の合同軍事演習が韓国で行われる予定で、これを控えて北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射するなどさらなる挑発に出ることが懸念されます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170809/k10011094031000.html?utm_int=word_contents_list-items_012&word_result=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%83%85%E5%8B%A2
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |