第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

中国・四国地方4か所に自衛隊がPAC3部隊配備へ【Weblog北大路機関補足:2017-08-10日付】

ANCWG4A8216_20170811234622d30.jpg

中国・四国地方4か所に自衛隊がPAC3部隊配備へ,NHK報道です

北朝鮮によるグアムへの弾道ミサイル発射計画が発表され、極東地域は1996年の台湾海峡危機以来の重大な緊張に包まれています。現在のところアメリカ太平洋軍に大きな動きはありませんが、防衛省では北朝鮮が予告した島根県広島県高知県等飛翔経路下へ島根県の出雲駐屯地、広島県の海田市駐屯地、愛媛県の松山駐屯地、それに高知県の高知駐屯地のミサイル防衛部隊配置を含め、警戒監視と不測の事態へ対応準備に全力で当っている所です

↓以下NHK報道
中国・四国地方4か所に自衛隊がPAC3部隊配備へ
8月11日 23時03分
北朝鮮が、弾道ミサイルを日本の上空を通過させグアム島周辺に落下させるなどと発表したことを受けて、自衛隊は万が一、落下物などがあった場合に備えて、飛行コースと予告された中国・四国地方の4か所に迎撃ミサイル、PAC3の部隊を配備することになりました。部隊は11日夜、中部地方の自衛隊の基地を出発しました。
北朝鮮が発表した弾道ミサイルの発射計画では、グアム島周辺の海上に向けて発射する際、島根県、広島県、高知県の上空を通過すると予告しています。

防衛省関係者によりますと、これを受けて自衛隊は、防衛大臣の破壊措置命令に基づき、迎撃ミサイルPAC3の部隊を飛行コースと予告された中国・四国地方の4か所に配備することになりました。

派遣されるのは中部地方などの基地に所属する部隊で、このうち岐阜県各務原市にある航空自衛隊の岐阜基地では、11日夜8時すぎ、発射機やレーダーなどを積んだ大型車両7台が中・四国方面に向かいました。

それぞの部隊は、12日未明から午前にかけて、島根県の出雲駐屯地、広島県の海田市駐屯地、愛媛県の松山駐屯地、それに高知県の高知駐屯地に到着する予定です。そして、すみやかにレーダーや発射機などを組み立てて態勢を整え、万が一ミサイルの部品などが落下した場合に備えることにしています。

自衛隊は、PAC3のほか、高性能レーダーで弾道ミサイルを追尾することができる海上自衛隊のイージス艦を日本海に配置し警戒と監視にあたっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170811/k10011097131000.html?utm_int=word_contents_list-items_001&word_result=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%83%85%E5%8B%A2
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |