第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

「日本版海兵隊」が始動、自衛隊初の上陸作戦部隊(日向備忘録)




「日本版海兵隊」が始動、自衛隊初の上陸作戦部隊(日向備忘録)遂に創設、編成完結を待ちたい

ワールド
2018年4月7日 / 17:20 / 1日前更新
「日本版海兵隊」が始動、自衛隊初の上陸作戦部隊
[佐世保市(長崎県) 7日 ロイター] - 自衛隊初の上陸作戦能力を持つ水陸機動団が7日、配備先の相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で本格始動した。中国の海洋進出をにらんだ南西諸島の防衛力強化の一環で、日本は同機動団をその中核に据える。いずれ3000人規模まで増員するが、本格的な力を発揮するまでには課題も多い。

「日本版海兵隊」と称される陸上自衛隊の水陸機動団は3月27日に2個連隊、約2100人で発足した。4月7日の編成式に出席した山本朋広防衛副大臣は、顔を迷彩色に塗った約1500人の隊員を前に訓示。中国を念頭に「自国の権利を一方的に主張し、行動する事例が多く見られる」とした上で、水陸機動団の創設で「島しょを守り抜くという、わが国の断固たる意志と能力を国際社会に示す」と語った。

イラク派遣部隊の日報問題の対応に追われる小野寺五典防衛相は出席を取りやめた。
https://jp.reuters.com/article/jp-marine-idJPKBN1HE072
スポンサーサイト
日向の録 |
| HOME |