FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・中国、空母含む大規模演習か=南シナ海で航行禁止

ANCDSCF0410.jpg

中国、空母含む大規模演習か=南シナ海で航行禁止、時事通信報道です

これを危惧していたのが現実化です。日本から見れば中東から続くシーレーンはマラッカ海峡を隔てて南シナ海を経由し日本へ到達します。ただ、厳密には豪州大陸北部を太平洋へ迂回し四日程度の航路延伸で南シナ海を迂回する事は不可能ではありません。これを以て、南シナ海のシーパワーが海洋航行自由原則を共有する日米アジア諸国から中国の海洋閉塞へ転換を是認できる見方もある。

しかし、多国間国際分業体制として日本はじめ多国籍企業による知的集約財の製造には、東南アジア全体で部品調達と部品集約を経て最終組立を行う、自動車やハイテク製品等の事例が多く、東南アジア域内移動へ太平洋やベンガル湾沿岸からの陸上移動を使う事は恰も東京から大阪へ移動する際にソウル経由で羽田と伊丹へ赴くようで全く成り立ちません。

経済活動という国家の頸動脈を閉められる事は東南アジア諸国には日本以上に遥かに死活的問題であり、場合によっては間接的に日本の平和主義を孤立化させる危険性をも孕んでいます。この点について、例えば中国がかつて沖ノ鳥島に対し実施したような行動を逆に我が国が実施するなど、地道な手段で南シナ海の安定へ責任を持つ行動を迫られる時期は遠くないのかもしれません。

↓以下時事通信報道
中国、空母含む大規模演習か=南シナ海で航行禁止
4/11(水) 17:14配信 時事通信
 【北京時事】中国海事局は11日から13日まで、海南島・三亜市沖の南シナ海を「軍事訓練」のための臨時航行禁止区域に指定した。

 南シナ海で「航行の自由作戦」を行う米軍に対するけん制や国威発揚のため、中国初の空母「遼寧」が参加する大規模な演習が行われるという見方がある。

 海南島では11日まで習近平国家主席も出席して経済問題などを討議する「ボアオ・アジアフォーラム」が開催された。習氏が演習を視察するという観測も出ている。5日から11日にも海南島沖の別の海域が「軍事訓練」で航行禁止になった。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000089-jij-cn
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |