FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

きょうも猛烈な暑さ 熱中症に警戒 急な激しい雨などにも注意 日向備忘録

IMG_4267.jpg

きょうも猛烈な暑さ 熱中症に警戒 急な激しい雨などにも注意 日向備忘録

台風近づくも猛暑警戒
LIVE 西日本豪雨 各地の状況ライブ

きょうも猛烈な暑さ 熱中症に警戒 急な激しい雨などにも注意
2018年7月26日 6時13分気象
26日も西日本では、ところによって最高気温が38度まで上がり危険な暑さが続く見込みで、引き続き熱中症に厳重な警戒が必要です。一方、上空の寒気の影響などで、東日本と西日本では昼すぎから大気の状態が不安定になる見込みで、気象庁は急な激しい雨や落雷、突風などに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、西日本と東日本では25日も猛烈な暑さが続き、山口県と広島県ではいずれも統計を取り始めてから最も高い気温を記録するなど、全国にある気象庁の170の観測点で、35度以上の猛暑日となりました。

26日も高気圧に覆われ、西日本を中心に猛烈な暑さが続く見込みで、日中の最高気温は山口市と佐賀市、大分県日田市、福岡県久留米市で38度、京都市と熊本市で37度、大阪市と岡山市、高松市で36度、広島市と松山市、名古屋市、岐阜市で35度などと予想されています。

各地で連日の猛暑となり、熱中症と見られる症状で病院に搬送され、死亡する人も相次いでいます。引き続き熱中症に厳重な警戒が必要です。

猛烈な暑さが予想される地域を中心に、日中の運動は控えるほか、室内ではためらわずに冷房を使い、こまめに水分を補給して塩分も不足しないようにしてください。

特に豪雨の被災地では、環境の変化や疲れで熱中症の危険性が高まっているため、十分な対策を取ってください。

一方、気温の上昇に加えて上空に寒気が流れ込むため、東日本と西日本では26日昼すぎから27日にかけて、大気の状態が不安定になるおそれがあります。

気象庁は急な激しい雨のほか、落雷や竜巻などの激しい突風、それにひょうに十分注意し、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物の中に移動し、安全を確保するよう呼びかけています。
あわせて読みたい
台風12号 あす小笠原諸島に接近 29日には本州に近づくおそれ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180726/k10011549441000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
スポンサーサイト
日向の録 |
| HOME |