FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

台風12号 九州南の海上ゆっくり動く 局地的に非常に激しい雨も 北大路機関防災情報

DBMIMG_5104.jpg

台風12号 九州南の海上ゆっくり動く 局地的に非常に激しい雨も
2018年7月31日 18時56分
携帯電話の通信障害 台風の影響はすべて復旧
2018年7月30日 16時53分
日本海側や内陸中心に猛暑日の見込み 熱中症に十分注意
2018年7月30日 5時48分

九州南方海域で蛇行し不思議な進路を取る台風12号はその後温かい海水温と共に勢力を回復させる可能性が危惧されていましたが本日1500時時点では中心気圧が994hpaまで衰えており、日本本土再上陸の可能性は無く中国本土へ進路を取るとみられています
台風12号 九州南の海上ゆっくり動く 局地的に非常に激しい雨も
2018年7月31日 18時56分

鹿児島県の種子島の北西の海上にある台風12号は来月1日にかけてゆっくりと西寄りに進む見込みで、台風に近い九州南部を中心に局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風12号は、午後6時には鹿児島県の種子島の北西、30キロの海上を1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の東側220キロ以内と西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は、このあとやや発達しながら西寄りに進み、種子島・屋久島の北の海上を通過したあと、東シナ海へ進む見込みです。

台風に近い九州南部と大分県を中心に、1日にかけて台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、局地的に雷を伴い、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

1日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、九州南部で180ミリ、鹿児島県の奄美地方で120ミリ、大分県で100ミリと予想されています。

また、九州南部と奄美地方では1日明け方にかけて海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、1日にかけての最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルと予想され、海上の波の高さは、5メートルのしけが続く見込みです。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風、高波などに十分注意するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011557031000.html?utm_int=word_contents_list-items_001&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A812%E5%8F%B7

携帯電話の通信障害 台風の影響はすべて復旧
2018年7月30日 16時53分

NTTドコモとKDDIは、台風の影響で一部の地域で携帯電話がつながらないなどの障害が出ていましたが、30日昼までにすべて復旧したと発表しました。

このうちNTTドコモは、障害が続いていた三重県津市の一部で基地局の復旧作業が完了し、30日昼前までに通信回線がすべて復旧したということです。

またKDDIも、障害が続いていた静岡県の富士宮市と小山町の一部の地域で、昼前までにすべて復旧したということです。

ただ、NTTドコモは西日本豪雨の影響で、愛媛県西予市の一部の山間部では今も携帯電話がつながらないなどの状態が続いているとして、復旧作業を急いでいます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011556381000.html?utm_int=word_contents_list-items_007&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A812%E5%8F%B7
日本海側や内陸中心に猛暑日の見込み 熱中症に十分注意
2018年7月30日 5時48分

台風12号の影響などで、30日は九州や四国など太平洋側で雨や曇りとなりますが、日本海側や内陸を中心に晴れて気温が上がり、ところによって35度以上の猛暑日となる見込みです。気象台は、こまめに水分を補給するなど熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、29日は、台風周辺の南寄りの風が山を越えて暖かい風となって吹き降ろすフェーン現象の影響で、日本海側を中心に気温が上がり、新潟県の三条市と上越市大潟では最高気温が39度5分に達する猛烈な暑さとなりました。

台風の影響で、30日は九州や四国など太平洋側で雨や曇りとなりますが、日本海側や内陸を中心に晴れて気温が上がる見込みです。

日中の最高気温は、福井市で37度、新潟市や鳥取市などで36度、秋田市や名古屋市、それに大阪市などで35度と猛暑日が予想されています。

今月上旬の西日本を中心とした豪雨の被災地でも35度近くまで気温が上がる見込みです。

気象庁は、こまめに水分を補給し、適切に冷房を使うなどして、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011555831000.html?utm_int=word_contents_list-items_017&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A812%E5%8F%B7
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |