FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考・・・アングル:北欧の原発にも熱波影響、海水温上昇で一時停止も

ANCWG4A8266_201808032309079c4.jpg

アングル:北欧の原発にも熱波影響、海水温上昇で一時停止も、ロイター報道です

原子力発電は温室効果ガスを発生させない気候変動対策の再生可能エネルギーと並ぶ重要な選択肢でしたが、冷却水が気候変動の影響を受けるという新しい問題を突き付けています。特にこの冷却水の問題は先週よりドイツ国内の原発が水温上昇の影響を受けた事が報じられていますが、北欧の原子力発電所が影響を受けた、という事は問題の深刻さを突き付けられると共に、再生可能エネルギーの発電放送には多量の電力を要する為、その為の原子力発電のポテンシャルが影響を受けた事は、重大な問題です

↓以下ロイター報道
2018年8月3日 / 14:57 / 8時間前更新
アングル:北欧の原発にも熱波影響、海水温上昇で一時停止も
Lefteris Karagiannopoulos
[オスロ 1日 ロイター] - この夏、記録的な猛暑に見舞われている北欧では、海水温の上昇によって、一部の原子力発電所が出力低下や一時稼動停止に追い込まれている。今後、他の原子力発電所でも同様の事態が発生する見込みだ。
今夏の気温は、これまでのところ季節平均を6─10度上回る水準で推移しており、地域の水力発電所の貯水量が激減して、電力価格が記録的な水準に上昇。欧州大陸からの電力輸入が増加する一方で、消費者が支払う電気料金も上昇している。
スウェーデンとフィンランドでは、原子力発電所はダム式水力発電に次ぐ第2の電力供給源で、計11.4ギガワットの出力がある。
原子炉は、冷却のために冷たい海水を利用しているが、気温が高くなりすぎると、安全操業に適さない温度にまで海水温が上昇することがある。その温度は、原子炉の種類や使用年数によって異なる。
スウェーデンやフィンランドの原子炉による予定外の出力低下で、電力価格がさらに押し上げられる可能性がある、とノルウェー水資源エネルギー庁のベガルド・ウィルムセン氏は言う。
「熱波によって北欧諸国の原子炉が停止したり出力を減らせば、電力供給を下押しして、電気料金にも圧力がかかることになる」と同氏は語る。
<なぜ海水温が問題なのか>
北欧の原子力発電所は、加圧水型原子炉(PWR)か沸騰水型原子炉(BWR)のいずれかを使っており、両タイプとも海水温が高いと影響を受けることがある。
一般的には、この地域にある12基の原子炉で海水温が一定の水準まで上昇すると出力が絞られ、さらに高い水準に到達すると停止する。
BWRは、より長く稼動することが可能で、出力低下からさらに水温が数度上昇するまで停止しない。
だがPWRは、出力低下からより短時間で停止する必要がある。
スウェーデンで原子炉7基を操業する国有電力会社バッテンフォールは今週、海水温が25度を上回ったことを受け、リングハルス原発にある4基の原子炉のうち、900メガワットのPWR1基を停止した。
同社のフォルスマルク原発には、BWR3基が設置されているが、バッテンフォールは7月初旬、周辺の海水温が23度を上回ったため、1基あたりの出力を30─40メガワット低下させた。
フィンランドの電力大手フォータムは先週、海水温が32度に達したため、ロビーサ原発の出力を低下させた。
海水温が原子炉の操業に与える影響の程度は、海水を取り込む深さによっても異なる。取水口が深い位置にある方が、海水温も低い。
また、冷却水として使われた海水を海に戻すときの温度によっても左右される。もしそれが34度を上回れば、一部の原子炉では、安全基準上の理由から、大幅な出力低下や停止を余儀なくされる。
スウェーデン最大のオスカーシャム原発3号機(出力1・4ギガワット)の取水口は深い位置にあるため、猛暑への耐性は他の原子炉に比べて高いと、同原発を運営する独ユニパー(UN01.DE)傘下OKGの広報担当者は話した。
「海水の取り込み口は水深18メートルの位置にあり、海水温は自然に海面より低い。そでれも海水温が高くなりすぎた場合は、それに応じて出力を低下させる」と、広報担当者は述べた。
オスカーシャム3号機は、海水温が25度を超えたら出力を低下させることになっているが、7月31日の時点では20度以下だった。
同様に、フィンランド産業電力(TVO)が操業するオルキルオト原発の取水口も深い位置にあり、海水温は上限の27度を下回っている。
TVOでは、追加の安全対策として非常用の放水路を設けており、一定の条件化で使用済みの温まった冷却水をオルキルオト島の反対側に放水できるようになっているという。
北海とバルト海の毎日の海水温は、デンマーク気象研究所のホームページで確認できる。
https://jp.reuters.com/article/nordics-nuclearpower-idJPKBN1KN0ZK
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |