FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:中国株式市場、時価総額で世界2位から陥落 日本が抜く

AAWG4A7661_201808032325275d8.jpg

中国株式市場、時価総額で世界2位から陥落 日本が抜く、AFP報道です

米中貿易戦争ですが、実際は世界の知的中枢アメリカと世界の生産拠点としての中国という二極関係に依拠して初めて成り立つもので、アメリカの知的財産権の中枢の座へ影響を及ぼそうとしたことでアメリカの大衆に不信感を買った中国、その大衆に支持されてのトランプ政権の大衆迎合的な貿易戦争いより、時価総額というものは簡単に変動するものなのですね

↓以下AFP
中国株式市場、時価総額で世界2位から陥落 日本が抜く
2018年8月3日 14:16 発信地:上海/中国 [ 中国 中国・台湾 ]
このニュースをシェア
中国株式市場、時価総額で世界2位から陥落 日本が抜く
上海証券取引所の取引フロア(2015年9月22日撮影)。(c)AFP PHOTO / JOHANNES EISELE
【8月3日 AFP】株式市場の時価総額で、中国が世界第2位の座を日本に明け渡した。中国の株式市場は今年、米国との貿易戦争に対する懸念や経済成長の鈍化などで打撃を受けていた。

 米ブルームバーグ・ニュース(Bloomberg News)による3日の日中取引データによると、株式時価総額で中国は6兆900億ドル(約680兆円)、日本は6兆1700億ドル(約689兆円)となった。中国は2014年に世界で第2位となって以来初めて、日本を下回った。

 米中の貿易戦争に対する懸念から世界の市場は広く打撃を受けているが、上海総合指数(Shanghai Composite Index)は年初来16%以上下落し、中国株式市場の今年の運用実績の悪さは際立っている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3184827
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |