FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

台風13号 6日夜から小笠原諸島接近へ 東日本接近のおそれも 北大路機関防災情報

88ddhIMG_2525.jpg

台風13号 6日夜から小笠原諸島接近へ 東日本接近のおそれも
2018年8月6日 13時07分
台風13号 6日に小笠原諸島に接近 その後本州に接近のおそれ
2018年8月5日 18時14分
台風13号が発生 日本の南東 南鳥島の近海で
2018年8月3日 11時04分

三日間のNHK報道を並べてみましたが、次第に本州、東日本へと具体的な進路が示されるようになってきています。今年の台風進路は予想がつかず、今週末は首都圏でも日本で最も混雑する行事が執り行われることもあり、情報には相当注意したいですね

台風13号 6日夜から小笠原諸島接近へ 東日本接近のおそれも
2018年8月6日 13時07分

強い台風13号は、6日夜から7日未明にかけて、発達しながら小笠原諸島に接近する見込みで、強風や高波に十分な注意が必要です。8日には伊豆諸島に近づき、翌9日には東日本に接近するおそれがあり、気象庁は最新の情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、強い台風13号は、6日正午には小笠原諸島の父島の東400キロの海上を1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は発達しながらこのあとも北寄りに進み、6日夜から7日未明にかけて小笠原諸島に最も接近し、その後、8日には暴風域を伴って伊豆諸島に近づく見込みです。

小笠原諸島では6日夕方から7日明け方にかけて、伊豆諸島では7日夜から海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、7日にかけての最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルに達すると予想されています。

海上では波が高まり、7日にかけては伊豆諸島で7メートル、関東の沿岸で6メートルの大しけが、小笠原諸島で5メートルのしけが予想され、強風や高波に十分な注意が必要です。

その後、台風は北西へ進み、9日にかけては東日本に接近するおそれがあります。また、東北付近にある前線が南下し、台風から湿った空気が流れ込むため、関東甲信では7日夜から雷を伴って激しい雨が降る見込みで、台風が接近する前から雨が降り続いて大雨となるおそれがあります。

さらに、いまは1年で最も潮位が高い時期で、高潮が起こりやすくなっています。

気象庁は、東日本を中心に暴風や高波、大雨、高潮などのおそれがあるとして、最新の情報を確認するとともに、早めに備えを進めるよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180806/k10011565471000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
台風13号 6日に小笠原諸島に接近 その後本州に接近のおそれ
2018年8月5日 18時14分

強い台風13号は、6日に小笠原諸島に接近する見込みで、強風や高波に十分注意が必要です。台風は今月8日には伊豆諸島に近づき、その後、本州に接近するおそれがあり、気象庁は最新の情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、強い台風13号は、5日午後6時には小笠原諸島の近海を1時間に15キロの速さで北へ進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は、北西寄りに進み6日午後に小笠原諸島に接近する見込みです。

6日、小笠原諸島では非常に強い風が吹いて海はしける見込みで、6日にかけての最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル、波の高さは5メートルと予想され、強風や高波に十分注意が必要です。

台風は北上を続け、今月8日水曜日ごろに暴風域を伴って伊豆諸島に近づき、その後、本州に接近し、東日本を中心に暴風や高波、大雨などのおそれがあります。

気象庁は最新の情報を確認するとともに、早めに備えを進めるよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180805/k10011564521000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
台風13号が発生 日本の南東 南鳥島の近海で
2018年8月3日 11時04分

3日午前、日本の南東の太平洋で台風13号が発生しました。

気象庁の観測によりますと、3日午前9時、日本の南東の南鳥島の近海で熱帯低気圧が台風13号に変わりました。

中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南西側280キロ以内と北東側170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はゆっくりとした速さで西へ進んでおり、次第に北寄りに進路を変える見込みで、気象庁は今後の台風の情報に注意するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180803/k10011561761000.html?utm_int=detail_contents_news-related_002
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |