FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

台風13号 関東・東北にかなり接近へ 速度遅く影響長引くおそれ 北大路機関防災情報

DWGDSCF1233_2018080401004860c.jpg

台風13号 関東・東北にかなり接近へ 速度遅く影響長引くおそれ

コミケ移動日を直撃、というところですか。せめて初日に関東直撃を回避できただけでも僥倖というべきか
台風13号 関東・東北にかなり接近へ 速度遅く影響長引くおそれ
2018年8月7日 23時51分台風 警戒点
強い台風13号は、伊豆諸島の八丈島の東南東の海上を北上していて8日から9日にかけて、暴風域を伴って関東と東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。気象庁は大雨や暴風、高波などに警戒し早めに備えを進めるよう呼びかけています。台風の速度が遅いため、影響が長引くことにも警戒が必要です。
気象庁の観測によりますと、強い台風13号は、7日午後9時には伊豆諸島の八丈島の東南東330キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は暴風域を伴って北上し8日には伊豆諸島に近づき、その後、9日にかけて関東と東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。

関東甲信と東北では8日から台風周辺の雨雲がかかって1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る見込みで9日にかけて雨が降り続き大雨となるおそれがあります。

8日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽関東甲信で150ミリ、
▽伊豆諸島で100ミリ、
▽東北で80ミリと予想され、

その後、8日夕方から9日夕方にかけての24時間には、
▽関東甲信で300ミリから400ミリ、
▽東北で200ミリから300ミリ、
▽北陸で100ミリから150ミリ、
▽東海と北海道で50ミリから100ミリの雨が降ると予想されています。

風も強まり、8日にかけての最大風速は
▽関東では35メートルの猛烈な風が、
▽伊豆諸島と東海で25メートル、
▽東北で20メートルの非常に強い風が吹くと予想され、

最大瞬間風速は
▽関東で50メートル、
▽伊豆諸島と東海、東北で30メートルから35メートルに達する見込みです。

8日にかけての波の高さは
▽関東で10メートル、
▽東北で9メートルの猛烈なしけ、
▽伊豆諸島で8メートル、
▽東海で7メートルの大しけとなる見込みです。

また、今は、1年で最も潮位が高い時期で、高潮が起こりやすくなっています。

台風は、関東や東北への接近にともなって速度が落ちる見込みで、大雨や暴風、高波などの影響が長く続くおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫、暴風、高波、高潮に警戒し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180807/k10011568051000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |