FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

台風13号 9日午後にかけ関東や東北の太平洋側に接近の見込み 北大路機関防災情報

aIMG_1112-0.jpg

台風13号 9日午後にかけ関東や東北の太平洋側に接近の見込み
2018年8月8日 23時34分
台風13号 首都圏の鉄道 運休や運行本数減(23時半)
2018年8月8日 23時45分
台風に備え 福島第一原発と第二原発でも対策
2018年8月8日 19時08分

夏台風の不気味な接近です。今回の台風13号は勢力の大きさと共にかなりのまとまった雨量をふらせる危険性が指摘されており、西日本豪雨災害のような避難の遅れが人的被害拡大に繋がらないよう、留意すべきでしょう。ただ、この時間ですので、可能な限り、充電できるものを充電し、二階や三階に退避する準備を行い、懐中電灯を手元に置き万一の際には周辺の人に窓越しに合図を送れるよう、準備をするだけでも大分違います

台風13号 9日午後にかけ関東や東北の太平洋側に接近の見込み
2018年8月8日 23時34分

強い台風13号は、関東の南東の海上を北上し、これから9日の午後にかけて、暴風域を伴い関東や東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。雨や風が急激に強まるおそれがあるほか、台風の速度が遅いため影響が長引くおそれがあり、大雨や暴風、高波などに警戒が必要です。

気象庁の発表によりますと、強い台風13号は、8日午後11時には、千葉県勝浦市の東南東、100キロの海上を1時間に10キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は暴風域を伴って北上していて、
▽関東には9日昼前にかけて、
▽東北には9日午後にかけてかなり接近する見込みです。

伊豆諸島や関東の沿岸では風が強まっていて、成田空港で午後6時50分ごろに21.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風の接近に伴いこれから、急激に雨や風が強まるおそれがあります。
▽関東では9日昼前にかけて
▽東北南部の太平洋側では9日未明から夜遅くにかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、関東では沿岸部を中心に、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

9日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽関東で250ミリ、
▽東北南部で180ミリと予想されています。

関東と東北の太平洋側では9日夜遅くにかけて沿岸を中心に暴風となるおそれがあり、9日にかけての最大風速は、
▽関東と東北南部で30メートルから35メートル、
▽伊豆諸島と東海で18メートルから23メートル、
最大瞬間風速は、
▽関東と東北南部で45メートルから50メートル、
▽伊豆諸島と東海で30メートルから35メートルに達する見込みです。

海上の波の高さは
▽関東と東北で10メートルと猛烈なしけとなるほか、
▽伊豆諸島でも6メートルを超える大しけとなる見込みで、今は、1年で最も潮位が高い時期で、高潮のおそれもあります。

今回の台風は速度が遅いため影響が長引く可能性があり、気象庁は大雨や暴風、高波、高潮に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

ハザードマップなどで自分の住んでいる地域の危険性や避難場所を確認しておき、事態が悪化する前に避難できるよう準備を進めて、自治体からの避難の情報が出た場合は、速やかに避難するなど安全を確保してください。

また、関東を中心に、9日朝の通勤時間帯に運休を決めている鉄道があるなど交通機関に影響が出るおそれがあり、最新の情報を確認してください。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011568891000.html?utm_int=word_contents_list-items_003&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A813%E5%8F%B7
台風13号 首都圏の鉄道 運休や運行本数減(23時半)
2018年8月8日 23時45分

台風13号の接近に伴い、首都圏の鉄道ではJRの在来線や私鉄の一部で、特急や快速列車などが運休したほか、運行本数を減らしている路線があります。9日もJRなどで始発から運休が出ることなどが決まっていて、鉄道各社は台風の進路によってはさらに運休や遅れが出る可能性があるとして、最新の運行状況を確認するよう呼びかけています。

JRではこれまでに東京と房総半島の各地を結ぶ特急や、東海道線の快速列車など40本余りが運休しました。

午後11時半現在、
▽鹿島線のうち、千葉県の佐原と茨城県の鹿島神宮の間、
▽千葉県の久留里線の全線で運転を見合わせています。

JRで本数を減らして運行しているのは、
▽京葉線、
▽内房線、
▽外房線、
▽総武線
▽成田線です。

一方、私鉄では
▽東武鉄道の浅草から東武宇都宮に向かう特急1本が運休しました。

9日もJRの在来線や私鉄の一部で、始発から午前中にかけて運休や運行本数を減らすことが決まっています。

JRの特急で、9日に運休が決まっているのは、
▽新宿と栃木県の鬼怒川温泉を結ぶ「きぬがわ」と「スペーシアきぬがわ」、
▽新宿と栃木県の東武日光を結ぶ「日光」、
▽東京と千葉県の君津を結ぶ「さざなみ」、
▽東京と千葉県の銚子などを結ぶ「しおさい」、
▽東京と千葉県の勝浦などを結ぶ「わかしお」のそれぞれ一部の列車です。

在来線で9日午前中、運休するのは
▽内房線の君津と安房鴨川の間、
▽外房線の上総一ノ宮と安房鴨川の間、
▽成田線の佐原と銚子の間、
▽総武線の成東と銚子の間、
▽常磐線の勝田といわきの間、
▽水郡線の上菅谷と常陸太田の間、
▽久留里線です。

運行本数を減らすのは、
▽常磐線の品川と勝田の間、
▽京葉線、
▽総武線の千葉と成東の間、
▽成田線の成田と佐原の間、
▽内房線の千葉と君津の間、
▽外房線の千葉と上総一ノ宮の間、
▽水郡線の水戸と上菅谷の間です。

一方、私鉄では小田急電鉄で東京 新宿と箱根などを結ぶ「特急ロマンスカー」が始発から午前9時台まで全線で運転を見合わせることが決まっています。

東武鉄道は9日午前中、浅草と栃木県の日光方面や群馬県などを結ぶ一部の特急の運転を取りやめます。

鉄道各社は台風の進路によってはさらに運休や遅れが出る可能性があるとして、ホームページなどで最新の運行状況を確認するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011569761000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
台風に備え 福島第一原発と第二原発でも対策
2018年8月8日 19時08分

台風13号の接近に備え、東京電力は、福島第一原子力発電所と福島第二原子力発電所でも対策を進めています。

強風でケーブルなどの資材が飛散しないよう、ロープなどで固定する作業や、福島第一原発の構内に10基ほど設置されている大型のクレーンを折りたたむ作業を8日中に完了させるとしています。

去年10月の台風21号の大雨では、汚染水の増加を抑えるため建屋周辺の井戸「サブドレン」でくみ上げている地下水の量が、処理能力を上回ったことから、くみ上げた水をためるタンクを増設したほか、くみ上げた水を浄化する設備を1系統から2系統に増やしたということです。

これによって1日の水の処理能力は、去年の900立方メートルから1500立方メートルに増え、大雨の場合でも放射性物質が含まれた水があふれ出ないように対策をとったとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011569681000.html?utm_int=detail_contents_news-related_002
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |