FC2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

台風13号 東北太平洋沿岸進む見込み 暴風など警戒を 北大路機関防災情報

IMG_9532.jpg

台風13号 東北太平洋沿岸進む見込み 暴風など警戒を
2018年8月9日 12時08分
台風13号 帰宅時間帯はどうなる
2018年8月8日 19時11分
首都圏の鉄道 JRも午後から平常通り運行へ
2018年8月9日 12時27分

現在のところ人的被害や堤防決壊などの水害発生という状況は無いようです。台風の速度が遅く影響が長期化する事への注意喚起がありましたが、同時に台風が去った後も豪雨災害の危険があるという西日本豪雨災害の教訓を忘れないようにしなければなりません

台風13号 東北太平洋沿岸進む見込み 暴風など警戒を
2018年8月9日 12時08分

強い台風13号は、福島県の南東の海上を北上していて、9日夜にかけて、東北の太平洋沿岸を北寄りに進む見込みです。台風の速度が遅いため影響が長引くおそれがあり、暴風や高波、大雨に警戒が必要です。

気象庁の発表によりますと、強い台風13号は、9日正午には、福島県いわき市の南東40キロの海上を1時間に20キロとやや速度を上げて北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の東側90キロ以内と、西側20キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

関東や東北では風が強まり、茨城県北茨城市では午前11時20分ごろに19.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は暴風域を伴ったまま、9日夜にかけて、東北の太平洋沿岸を北寄りに進む見込みです。

関東ではこのあとしばらく、東北では9日夜にかけて沿岸部を中心に暴風となるおそれがあり、東北と関東で9日の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルと予想されています。

海上の波の高さは
▽東北で10メートルの猛烈なしけが、
▽関東で7メートルの大しけが続く見込みです。

関東では大雨のおそれはなくなりましたが、東北南部の太平洋側では、このあとしばらく、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、10日昼までの24時間に降る雨の量は、多いところで120ミリと予想されています。

台風は速度が遅いため影響が長引くおそれがあり、気象庁は暴風や高波、それに大雨に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、それに高潮にも十分注意するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180809/k10011570051000.html?utm_int=word_contents_list-items_005&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A813%E5%8F%B7
台風13号 帰宅時間帯はどうなる
2018年8月8日 19時11分

強い台風13号は、8日夜から9日にかけて、暴風域を伴い関東や東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。8日夜の帰宅時間帯に雨や風が強まるおそれがあり、気象庁が警戒を呼びかけています。

帰宅への影響は?
首都圏では、夕方の帰宅時間帯に影響が心配されます。

午後6時半現在のJR各線の運転状況です。

<運休決定>
▽特急「さざなみ」「しおさい」「わかしお」
▽東海道線の「湘南ライナー」「ホームライナー小田原」
▽総武線の快速列車の「ホームライナー千葉」
▽武蔵野線の「むさしの号」「しもうさ号」
▽特急「マリンエクスプレス踊り子」「踊り子」
▽JR久留里線全線
▽鹿島線 

<夕方以降 運行本数減>
▽京葉線、内房線、外房線、総武線(千葉~銚子)、成田線

首都圏の主な私鉄の運転状況です。
<運休見合わせ検討>
▽京浜急行 金沢八景以南の区間 午後9時以降

<運休決定>
▽東武鉄道 特急「しもつけ」

首都圏のこのほかの主な鉄道は、午後6時半現在、運転しています。

最新の運転状況は、各鉄道会社のホームページなどで確認してください。
朝の通勤への影響は
台風の影響で、すでに、朝から運転を見合わせる区間があります。
(8日午後6時現在)

<9日始発~昼頃の見込み>
▽内房線の君津~安房鴨川
▽外房線の上総一ノ宮~安房鴨川
▽総武線の成東~銚子
▽成田線の佐原~銚子
▽常磐線の勝田~いわき
▽水郡線の上菅谷~常陸太田

<9日始発~夕方頃の見込み>
▽久留里線

<9日 午前運休>
▽特急「さざなみ」「しおさい」「わかしお」

<運行本数減>
▽常磐線の品川~勝田
▽京葉線
▽総武線の千葉~成東
▽成田線の成田~佐原
▽内房線の千葉~君津
▽外房線の千葉~上総一ノ宮
▽水郡線の水戸~上菅谷
今後の進路は
気象庁の発表による強い台風13号の進路です。

▽8日午後7時
強い台風13号は、8日午後7時には、千葉県勝浦市の南東、140キロの海上を1時間に10キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

▽8日午後9時の予想位置
千葉県銚子市の南、120キロの海上

8日夜遅くから9日にかけて関東や東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。
特徴は速度が遅い
今回の台風は速度が遅いため影響が長引く可能性があります。

関東甲信では8日夜から、東北南部の太平洋側では9日未明から1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、関東では局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

9日夕方までの雨量は、いずれも多いところで、関東で300ミリ、東北南部で200ミリ、伊豆諸島で150ミリ、甲信で120ミリと予想されています。

また、関東と東北南部では8日夜遅くから、沿岸を中心に暴風となるおそれがあり、気象庁は大雨や暴風、高波、高潮に対する警戒も必要です。
早めの避難を
ハザードマップなどで自分の住んでいる地域の危険性や避難場所を確認してください。事態が悪化する前に避難できるよう準備を進めて、自治体からの避難の情報が出た場合は、明るいうちに避難を済ませるなど備えを進めてください。
空の便にも影響(午後6時半現在)
羽田や成田を発着する便を中心に162便の欠航がすでに決まっています。

欠航、または欠航が決まっているのは、
▽日本航空    羽田と成田を発着する48便、
▽全日空     羽田や成田を発着する36便、
▽スカイマーク  羽田や茨城を発着する16便、
▽ジェットスター 成田や中部を発着する17便、
▽スターフライヤー羽田を発着する15便、
▽エア・ドゥ   羽田を発着する14便、
▽ソラシドエア  羽田を発着する10便、
▽バニラエア   成田を発着する2便、
▽日本トランスオーシャン航空 羽田を発着する2便、
▽春秋航空日本  成田を発着する2便です。

さらに欠航や遅れが出る可能性があります。
一部の航空会社では9日の便の欠航も決まっています。
最新の運航情報をホームページなどで確認してください。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011569031000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002
首都圏の鉄道 JRも午後から平常通り運行へ
2018年8月9日 12時27分

台風13号の影響で首都圏の鉄道は午前中、JRの特急列車の一部が運休したものの、午後からは平常通り運行する予定です。

JR東日本によりますと、特急では、午前中、
▽新宿と栃木県の鬼怒川温泉を結ぶ「きぬがわ」や
▽東京と千葉県の君津を結ぶ「さざなみ」など一部の列車が運休しました。

しかし強風や大雨がおさまったため、午後からは平常通り運行する予定です。

JRはホームページなどで最新の運行状況を確認するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180809/k10011570191000.html?utm_int=word_contents_list-items_002&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A813%E5%8F%B7
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |