fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

中国国営テレビ 装甲車が香港に入る映像 抗議活動けん制か 伊勢の応

WG4A9112.jpg

中国国営テレビ 装甲車が香港に入る映像 抗議活動けん制か

心配な状況になってきましたね。そしてこうした状況で圧力を掛けるべきイギリスの現状が、EU離脱に伴う議会停止を求めるという、あんな感じですので、本当に歯止めを掛けられる国が無いという状況です。極東最大の民主主義国家である我が国は、流石に香港に実力で最悪の事態を抑制させる事は憲法上できません
中国国営テレビ 装甲車が香港に入る映像 抗議活動けん制か
2019年8月29日 19時56分

中国の国営テレビは香港に駐留する中国の人民解放軍が定期的な部隊の交代を行うため、装甲車などが香港に入る映像を伝え、香港で続く抗議活動をけん制するねらいもあるとみられます。

香港では1国2制度のもと高度な自治が認められていますが、外交と防衛は中国政府が担うため人民解放軍が駐留していて、国営の中国中央テレビは、香港に駐留する人民解放軍が29日未明、中国本土の部隊と交代を行う映像を伝えました。

映像では、整列した迷彩服の部隊が号令に合わせて掛け声を上げたり、装甲車や大型の船が中国本土から香港に入ったりする様子が映されています。

香港では容疑者の身柄を中国本土にも引き渡せるようにする条例の改正案をめぐり、政府や警察への抗議活動が2か月半にわたって続いていることから、治安維持のため軍が出動するのではないかという懸念も出ています。

一方で軍が動けば国際社会の批判は避けられず、実際に動く可能性は低いという見方もあり、映像を公開した背景には抗議活動をけん制するねらいもあるとみられます。

これについて中国国防省の任国強報道官は29日の記者会見で、「部隊の入れ代わりは計画に基づく定期的なもので、時期もこれまでと大体一致している」としたうえで、「香港の駐留部隊は今後も年度計画に基づいて正常な職務を執行し、軍事訓練を行い、香港の長期的な繁栄や安定を守る決心がある」と強調しました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190829/k10012055841000.html?utm_int=news_contents_news-main_007
スポンサーサイト



伊勢の応 |
| HOME |