第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

投票所などが避難所指定 新燃岳のふもとの町で対応検討【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】

VKSIMG_1142.jpg

投票所などが避難所指定 新燃岳のふもとの町で対応検討,NHK報道です

霧島山は九州に存在する世界最大規模で複数の巨大カルデラ加久藤火山を構成する巨大火山ですが、今回噴火し山体膨張の兆候があるのはその新燃岳のみです。従って、霧島山の加久藤火山噴火のような大被害を及ぼす噴火とは想定できる将来まで、なり得ません。ただ、マグマ噴火となればより多くの火山灰が噴出する事は確実で、注視すべきでしょう。

↓以下NHK報道
投票所などが避難所指定 新燃岳のふもとの町で対応検討【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

新燃岳 警戒範囲拡大 おおむね3キロで噴石など警戒を【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】

VKIMG_5621.jpg

新燃岳 警戒範囲拡大 おおむね3キロで噴石など警戒を,NHK報道です

霧島山新燃岳が11日に噴火しました、噴火警戒レベル3のまま大規模な噴煙の噴出などの状況が続いています。当初火口警戒範囲を加工から2kmとしていましたが、GPS精密測定による山体膨張等の噴火兆候からより大規模な噴火の懸念があるとして、15日より火口周辺3kmを警戒範囲として拡大し、気象庁は噴石や火砕流に対し警戒を呼び掛けています

↓以下NHK報道
新燃岳 警戒範囲拡大 おおむね3キロで噴石など警戒を【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

新燃岳 火山灰の分析から「水蒸気噴火」か【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】

VKTIMG_2957.jpg

新燃岳 火山灰の分析から「水蒸気噴火」か,NHK報道です

水蒸気噴火とはどんなものでしょうか、これは火口部分に長期間を経て貯水された雨水が次第に地下に浸透し、火山深部のマグマ溜まりに接触する事で発生します。水が沸点を越えると水蒸気となりますが、火山深部では岩塊の圧力により即座には蒸発しません、しかし、火山性地震の震動等で岩塊に亀裂が入る事で一挙に圧力が放出され水蒸気爆発となる

↓以下NHK報道
新燃岳 火山灰の分析から「水蒸気噴火」か【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

新燃岳 16日朝も噴火続く おおむね3キロの範囲では警戒を【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】

VKNIMG_6992.jpg

新燃岳 16日朝も噴火続く おおむね3キロの範囲では警戒を,NHK報道です

霧島山新燃岳が11日に噴火しました、噴火警戒レベル3のまま大規模な噴煙の噴出などの状況が続いています。当初火口警戒範囲を加工から2kmとしていましたが、GPS精密測定による山体膨張等の噴火兆候からより大規模な噴火の懸念があるとして、15日より火口周辺3kmを警戒範囲として拡大し、気象庁は噴石や火砕流に対し警戒を呼び掛けています

↓以下NHK報道
新燃岳 16日朝も噴火続く おおむね3キロの範囲では警戒を【Weblog北大路機関補足:2017-10-16日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

豪 北朝鮮念頭にミサイル迎撃システム整備へ【Weblog北大路機関補足:2017-10-12日付】

ANCDSCF0413_20171013011250375.jpg

豪 北朝鮮念頭にミサイル迎撃システム整備へ、NHK報道です

豪州海軍は新型イージス艦ホバートを受領しました。ホバートはスペイン海軍のアルバロデバサン級イージス艦を拡大した豪州海軍初のイージス艦で、今回豪州が目指すミサイル防衛システムの導入はイージス艦の導入に合わせたSM-3ミサイル運用能力の付与を目指したものといえるでしょう。豪州は北朝鮮から遠く離れていますが、豪州本土は既に北朝鮮核攻撃の範囲に入ろうとしています

↓以下NHK報道
豪 北朝鮮念頭にミサイル迎撃システム整備へ【Weblog北大路機関補足:2017-10-12日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |
BACK | HOME | NEXT