第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

中国、ミサイル実験や核戦争に関する北朝鮮発言を懸念=報道官【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】

ANCDSCF0331.jpg

中国、ミサイル実験や核戦争に関する北朝鮮発言を懸念=報道官,ロイター報道です

中国は鴨緑江の北朝鮮との国境を抱えており、また、中国海軍には多数の小型水上戦闘艦艇は朝鮮半島の港湾への海上封鎖などが可能となっています。仮に中国側が北朝鮮と韓国に駐留する在韓米軍との緩衝地帯としての価値よりも、核開発による脅威の方が大きいと判断したならば、北朝鮮の経済制裁を経済封鎖の段階まで発展させる事も可能な位置にあります

↓以下ロイター報道
中国、ミサイル実験や核戦争に関する北朝鮮発言を懸念=報道官【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

北朝鮮が大規模な砲撃訓練か 韓国メディア伝える【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

ANYWG4A7692_20170426232050bde.jpg

北朝鮮が大規模な砲撃訓練か 韓国メディア伝える、NHK報道です

北朝鮮軍が人民軍創設記念日に大規模な砲兵演習を実施しました、長距離砲など300門から400門が投入されたとのこと。長距離砲など300門から400門といいますと、自衛隊冷戦時代のフル編成の特科連隊五個から七個弱に相当する規模です。人民軍創設記念日に何らかの施策を行わなければ弱腰と誤解されることを考慮しつつ、しかし、核実験やミサイル実験は米軍により反撃を招く懸念がある為、元々人民軍が採用したソ連型戦闘教範での砲兵優位主義と併せ、大規模であるが周辺国を過度に刺激しない施策として選択したのでしょう

↓以下NHK報道
北朝鮮が大規模な砲撃訓練か 韓国メディア伝える【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

米の原子力潜水艦ミシガン、韓国・釜山に入港【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

DKHNIMG_0320_20170426231827cba.jpg

米の原子力潜水艦ミシガン、韓国・釜山に入港、AFP報道です

ミシガン、釜山入港、やはり朝鮮半島近海に居ましたか。トマホーク154発を搭載する世界最大の巡航ミサイル潜水艦です。元々はトライデント潜水艦発射弾道弾を搭載し第三次世界大戦にて初めて発射する戦略核兵器運搬手段でした。射程10000kmという本体の弾頭部分へ500ktのW88核弾頭を最大14発搭載するトライデントミサイル24基を搭載していましたが、冷戦後にこの規模の核戦力を従来ほど必要としなくなる観点から、トマホークミサイルの運搬手段として改造されました、トマホークミサイル154発の発射能力は水上戦闘艦を含め全ての巡航ミサイル運用能力で最大のものとなります

↓以下AFP報道
米の原子力潜水艦ミシガン、韓国・釜山に入港【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

仏大統領選、マクロン氏とルペン氏が決選投票へ【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

ANYWG4A7668_201704261415148bf.jpg

仏大統領選、マクロン氏とルペン氏が決選投票へ,AFP報道です

欧州安寧への道は長い、フランス大統領選、エマニュエルマクロン候補とマリーヌルペン候補が第一回投票を経て決戦投票へ臨むこととなりました。マクロン候補は中道左派で経済閣僚を経ての大統領選への出馬ですが、短期間で大きく支持を伸ばしました。マリーヌルペン候補は極右二世候補で、EU離脱と合法移民の終了等反移民フランス国粋主義を掲げています、フランス大統領選は全投票の過半数を受け当選するため、決戦当方が行われる訳です

↓以下AFP報道

仏大統領選、マクロン氏とルペン氏が決選投票へ【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

EUからの「移動の自由」破棄を選挙公約に、英首相が検討=報道【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

DAADSCF6651_201704250954259ec.jpg

EUからの「移動の自由」破棄を選挙公約に、英首相が検討=報道,ロイター報道です

イギリスのメイ首相は6月8日の総選挙に向けEU域内からのイギリスへの自由な人の移動にかんする協定の破棄、EUの単一市場へのイギリスの残留の破棄、欧州司法裁判所からの離脱、イギリス保守党の総選挙における政権公約として提示される見込みとして報じられました。欧州単一市場からの離脱の場合は、イギリスへ展開する多国籍企業への政府補填があるとの当初のメイ首相発言に続報がなく、欧州司法裁判所秩序からの離脱は人権に関する枠組みでの欧州からの孤立を意味します、今後どのように制度を再構築するのでしょうか

↓以下ロイター報道
EUからの「移動の自由」破棄を選挙公約に、英首相が検討=報道【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |
BACK | HOME | NEXT